営業担当者向け研修例

起こっていた課題とその原因

営業担当者において

課題
モチベーションが下がっている・低い
原因
「営業をしたい訳ではない」等の感情からやらされ感がある。最初はやる気がない訳ではなかったが、営業がうまくいかない事で気持ち下がっていた。
課題
現状の営業法(短期的目標のみを見たお願い営業等)では今後通用しないと分かりつつも長期目線の営業になかなかシフトしない
原因
目先の目標のみを追ってしまう、時間がない、苦手等の意識からヒアリング時間等を省いてしまう。など
その他にも・・・起こりやすい傾向にある課題や要望
新規顧客へのアプローチ方法を知りたい
電話での営業や訪問前の事前確認法を知りたい
人間関係、家庭の悩みが仕事に影響してしまう
顧客のバッティングが起こっている。
対象者 営業担当者30名
期間と実施頻度 1日間×3回

営業担当者研修の流れ

1
1日目
face

受講者の心理状態

課題が明確化し改善策が分かった。
明日からの営業で実践してみよう!

研修項目
■潜在意識の活用
■課題の抽出
■PDCAが回らない理由
■紹介を生む営業フローと傾聴トレーニング
2
2日目
face

受講者の心理状態

ロープレの重要性を肌で感じた。
計画実行の為にも自己研鑽しよう!

研修項目
■ボトルネックの発見
■話法の効果的な活用
■弱点克服ロープレ
■達成への計画
3
3日目
face

受講者の心理状態

改めて営業の意義・やりがいを感じた。
改善を繰り返し、目標達成しよう!

研修項目
■課題の自己解決
■弱点克服ロープレ
■お客様の声/エピソードを発表
研修ゴール
営業担当者が営業スキルを改善向上し、営業活動に自信とやりがいをもつ事で、活動量並びに実績が向上する